コンテンツにスキップする

バイデン大統領、食肉加工の巨人に宣戦布告へ-インフレとの闘い

  • 米政府、食品インフレの原因として食肉業界の反競争的慣行を非難
  • 計画には独立加工業者を支援する10億ドルの連邦補助金が含まれる
Manny Vasquez works in the meat department at a Royal Ahold NV Stop & Shop supermarket in New Rochelle, New York, U.S., on Wednesday, March 3, 2010. 

Manny Vasquez works in the meat department at a Royal Ahold NV Stop & Shop supermarket in New Rochelle, New York, U.S., on Wednesday, March 3, 2010. 

Photographer: Daniel Acker

バイデン米大統領は3日、食肉加工市場を支配する巨大複合企業と闘う計画を発表する。同氏はこの1カ月ほど、急激な食品インフレの原因として食肉業界の反競争的な慣行を非難してきた。

  バイデン大統領はビルサック農務長官およびガーランド司法長官とともに牧場主や農家とバーチャル形式で会合し、食肉業界の少数集中に関する不満などを聞く。こうした農業従事者らは新設のポータルを使って、食肉加工業者らによる不公正な取引慣行を報告することが可能になる。

  ホワイトハウスは食肉加工業者の経済的影響力に対抗する方策も強調する。この中には独立系業者の事業拡大を支援する10億ドル(約1150億円)の連邦補助金や、検討中の新たな競争関連規制が含まれる。

  今回の発表は食肉業界を相手にしたバイデン氏の闘いに改めて焦点を絞ったもので、消費者物価に強い影響力を持つ企業と対決する意志をアピールする狙いがある。バイデン氏の経済対策をめぐる交渉が何カ月も長引く中、米家計にとって最大の差し迫った懸念から同氏があまりにも遠ざかってしまったと多くの民主党議員は不安を表明している。

原題:

Biden to Launch Plan to Fight Meatpacking Giants on Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE