コンテンツにスキップする

FRBの翌日物リバースレポ応札額、21年最終日に過去最高を更新

米連邦準備制度理事会(FRB)が設定している翌日物リバースレポの応札が、2021年最終日に過去最高を更新した。機関投資家が短期資金の置き場を探すのに苦労している状況がうかがわれる。

  12月31日のレポ応札には、100社以上が参加。応札・落札額は1兆9050億ドル(約220兆円)と、20日に記録した従来最高の1兆7580億ドルを超えた。昨年の最終営業日は96億5000万ドルで、カウンターパーティーもわずか15社だった。

Usage of the Fed's reverse repo facility climbs to an all-time high
翌日物リバースレポの応札・落札額(上段)と応札数(下段)
出所:FRB

原題:Fed Repo Facility Use Jumps to Record High on Final Day of 2021(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE