コンテンツにスキップする

ソニーの元米幹部がSPAC設立、ゲーム業界に焦点-2.25億ドル規模

Jack Tretton speaks during a news conference at E3, June 15, 2010. 

Jack Tretton speaks during a news conference at E3, June 15, 2010. 

Photographer: Jonathan Alcorn

ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(SCEA)でかつて最高経営責任者(CEO)を務めていたジャック・トレットン氏が、2億2500万ドル(約260億円)規模の特別買収目的会社(SPAC)を立ち上げる。

  人気ゲーム機「プレイステーション」の成功にも貢献した同氏はSPACを通じ、ビデオゲーム業界での買収を目指す。

  米証券取引委員会(SEC)に提出された29日付の目論見書によれば、トレットン氏は現在、パワーアップ・アクイジションのCEOを務めている。同社の経営陣には2008-09年にアクティビジョン・ブリザードの副会長だったブルース・ハック氏も名を連ねる。

  パワーアップは、ビデオゲームに特化する双方向メディア企業の買収を望んでいるが、最終的にはあらゆる業界を対象にする可能性があるという。

原題:Early Sony PlayStation Boss Launches $225 Million Gaming SPAC

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE