コンテンツにスキップする

ビットコイン続落、月初来18%安-支持線割り込めば4万ドルも視野

仮想通貨ビットコインはアジア時間30日の取引で続落し、過去2年にわたって下値支持線として機能してきたテクニカル分析で重要な水準に近づいている。

  この日は一時2.7%下げた後、シンガポール時間午後2時15分(日本時間同3時15分)現在は4万6700ドル付近で取引されている。今月これまでは仮想通貨全般が下げる中で約18%値下がりしている。

  注目されているのは55週移動平均で、ビットコインは今月に入って急激に下げた局面と年央の下落場面でもこの水準が支持線となった。テクニカル分析によれば、同移動平均を決定的に割り込めば、4万ドルへの下落が視野に入る。

Bitcoin jabs at 55-week average, which can act as a floor
 
 

 

原題:

Bitcoin Faces a Year-End Technical Test After its December Swoon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE