コンテンツにスキップする

91%の資産急減、わずか2日間で-ブラックロックの環境重視ETF

  • 2日間の資金流出としては新興国ETFで今年最大の規模
  • かつては新興国のESG・ETFで2番目の規模を誇る
Signage outside Blackrock headquarters in New York, U.S., on Wednesday, Oct. 13, 2021. 

Signage outside Blackrock headquarters in New York, U.S., on Wednesday, Oct. 13, 2021. 

Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

米資産運用会社ブラックロックの上場投資信託(ETF)「iシェアーズESG・MSCI・EMリーダーズ(ティッカー:LDEM)」はかつて、新興国市場のサステナブル企業に投資するETFで2番目の規模を誇っていたが、今や見る影もなくなった。

  同ETFは12月24日までの2日間に、運用資産の91%を失い、総資産は約6900万ドル(約79億円)に激減。21日時点では8億300万ドルだった。ブルームバーグがまとめたデータによれば、2日間の資金流出としては新興国ETFで今年最大の規模となる。

  これほど急激な資金流出が可能になるほどLDEMに投資しているのは、1社しかないことがデータで示されている。ヘルシンキに本社を置く年金基金会社のイルマリネンだ。同社はLDEMの運用が開始された2020年2月に6億ドルを投資した。

LDEM's total assets plummet amid record $738 million outflow
LDEMの資金フロー(青の棒グラフ)と総資産(白の折れ線グラフ)
ブルームバーグ、iシェアーズ

  イルマリネンの広報担当者はコメントを控えた。ブラックロックの広報担当者はLDEMで資金流出があったことを確認したが、同ファンドに関する一段のコメントは控えた。

  フィンランドで最古の歴史を誇る年金基金会社に後押しされ、同ETFの運用開始は好調だった。LDEMはESG(環境・社会・企業統治)の一定基準を満たす大型および中型の新興国株を構成銘柄に含む指数に連動する。同ファンドの発行口数は120万口に減少し、運用開始以来の低水準となっている。

原題:

A 91% Asset Plunge Hits a BlackRock ETF of Sustainable EM Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE