コンテンツにスキップする

リード前米民主党上院院内総務が死去、オバマケア成立に尽力-82歳

米民主党上院トップの院内総務を務めたハリー・リード氏が死去した。82歳だった。AP通信によれば、同氏が膵臓(すいぞう)がんで亡くなったことを妻のランドラさんが声明で明らかにした。

  リード氏はオバマ政権当時、医療保険制度改革法(オバマケア)のほか、金融危機を受けた2009年の大型経済対策や、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の成立に尽力した。

  後任のシューマー院内総務は28日夜の声明でリード氏について、「彼は亡くなったが、われわれの多くをいつも上院で見守ってくれるだろう」と哀悼の意を表した。

ice President Joe Biden And Hillary Clinton Attend Unveiling Of Retiring Senate Minority Leader Harry Reid Portrait
自身の公式肖像画の横に立つ故ハリー・リード氏(2016年12月8日)
Source: Bloomberg

原題:

Harry Reid, Senate Leader Who Guided Obama’s Agenda, Dies at 82、Harry Reid, Former Senate Leader, Has Died at 82, Schumer Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE