コンテンツにスキップする

豪州でオミクロン株感染急増、NSW州の入院者数は10月半ば以来最多

  • シドニー含むNSW州、新たに1万1201人がコロナ感染
  • ほぼ全土でのオミクロン株感染の急増が医療システム圧迫

オーストラリアで人口最大の州であるニューサウスウェールズ(NSW)州で新型コロナウイルス感染症の入院者数が10月半ば以来の水準に達した。豪州ほぼ全土でのオミクロン株感染の急増で医療システムが圧迫されている。

  シドニー市を含む同州では29日、過去24時間で新たに1万1201人のコロナ感染が報告された。前日比で87%増加した。入院者数は計625人でこのうち61人が集中治療室(ICU)にいる。州内の検査センターには引き続き多くの人が訪れ、一部では結果が出るまでの待ち時間が72時間を超えている。

COVID-19 Testing Clinics At Capacity In Sydney
シドニーのボンダイビーチの検査クリニックでコロナ検査を行う医療従事者(28日)
Source: Getty Images AsiaPac

原題:Omicron Pushes Up Hospitalizations in Australian State (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE