コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資センスタイム、香港IPO価格を仮条件下限に設定

  • オーバーアロットメントのオプション行使前に817億円調達の見通し
  • 個人投資家に割り当てる1.5億株の応募倍率は5.2倍-30日に取引開始

 ソフトバンクグループが出資する中国の人工知能(AI)企業、商湯科技(センスタイム・グループ)は香港での新規株式公開(IPO)価格を仮条件の下限である3.85香港ドルに設定した。同社は15億株を売却する計画。

  同社はオーバーアロットメントのオプション行使前にネットベースで55億5000万香港ドル(約817億円)を調達する見通し。個人投資家に割り当てる1億5000万株の応募倍率は5.2倍だった。取引開始は12月30日の予定。

原題:

SenseTime Says Hong Kong IPO Retail Offer 5.2x Subscribed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE