コンテンツにスキップする

【欧州市況】株上昇、過去最高値に接近-ドイツ債はほぼ変わらず

28日の欧州株は上昇し、11月に付けた過去最高値に近づいた。前日の米国株上昇の流れを引き継いだ。ただ新型コロナウイルスのオミクロン変異株に対する各国政府の対応がまちまちとなっていることが意識され、上げ幅は抑えられた。

  薄商いの中、ストックス欧州600指数は0.6%高で終了。英国市場は前日に続きこの日も休場だった。米国株市場では前日、S&P500種株価指数が最高値を更新した。

  フローバンクのエスティー・ドウェク最高投資責任者(CIO)は欧州株について、今後数週間は米株の上昇につれ高となる可能性が高いと分析。「企業は新型コロナに関する制限措置への優れた対応能力を示している。短期的に制限が強化される可能性は高いものの、2022年の欧州の成長全般に影響を与えることはなさそうだ。欧州では経済活動再開に伴う回復が継続するだろう」と述べた。

  欧州債市場ではドイツ債がほぼ変わらず。上げ下げを繰り返し方向感に欠ける展開となった。商いは引き続き薄く、年末を控えて材料に乏しい状況となっている。この日はイタリア債がアウトパフォームした。

主要国債の利回り 
ドイツ10年債利回りは1bp上昇してマイナス0.24%
イタリア10年債利回りは2bp低下して1.11%
フランス10年債利回りはほぼ変わらずの0.13%
英10年債利回りはほぼ変わらずの0.93%

原題:European Equities Edge Closer to Record High in Thin Volume(抜粋)

Bunds in Tight Range, Italy Bonds Lead Gains: End-of-Day Curves

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE