コンテンツにスキップする

オミクロン株、1年前のコロナと「同じ病気」ではない-英大学教授

世界で感染が拡大している新型コロナウイルスのオミクロン変異株について、免疫学者である英オックスフォード大学のジョン・ベル教授は「1年前に見ていたのと同じ病気」ではないと述べ、同変異株の性質が比較的穏やかだとする報告と同様の見解を示した。

  オミクロン変異株は比較的軽症のようであり、入院に至った患者ですらも入院期間は短めだと、ベル氏はBBCラジオ4の番組で述べた。同変異株は11月末に最初に確認された。

  「集中治療室が満床で、多くの人が若くして亡くなっていくという1年前に見られた恐ろしい状況は、私の見解では今や過去のものだ。こうした傾向は続く可能性が高いと安心すべきだと思う」と同氏は話した。

関連記事

オミクロン株、感染すればデルタ株への免疫力高める可能性-南ア研究

オミクロン株、入院リスクはデルタ株より最大70%低い-英当局

オミクロン株感染の入院リスク、デルタ株を下回る-3つの調査 (2)

Virus Surge

Daily U.K. coronavirus cases are at record levels

Source: U.K. government data

原題:

Covid With Omicron Isn’t ‘Same Disease,’ Oxford Scientist Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE