コンテンツにスキップする

米20都市住宅価格指数、10月は伸びが小幅減速-3カ月連続で鈍化

更新日時

S&P・コアロジック/ケース・シラーがまとめた10月の米20都市住宅価格指数は、3カ月連続で伸びが減速した。

キーポイント
  • 米20都市住宅価格指数は前年同月比18.4%上昇
    • 前月は19.1%上昇
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は18.5%上昇
Growth in U.S. Homes prices has cooled for three straight months
 
 

  都市別では、フェニックスで32%上昇。フロリダ州タンパと同州マイアミでは28%と26%それぞれ伸びた。

  コロナ禍の中、住宅価格は高騰してきており、タイトな供給を巡って全米で獲得競争が激化。20都市住宅価格指数は7月に過去最高を記録、同月まで昨年7月から13カ月連続で伸びが加速していた。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:

U.S. Home-Price Growth Slowed Down Ever So Slightly in October(抜粋)

 

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE