コンテンツにスキップする

来年のFOMCメンバーはタカ派に傾斜-FRB理事人事次第で変化も

  • 輪番制による入れ替えで一部ハト派が抜け、タカ派が加わる
  • バイデン大統領は年末までに空席のFRB理事を指名する意向

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

2022年の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、投票権を持つメンバーは見たところタカ派的な顔ぶれとなる見通しだ。輪番制による入れ替えで、通常ハト派寄りの姿勢を取ってきた地区連銀総裁が複数名、メンバーから抜けてタカ派寄りの総裁が加わるためだ。

  ただ来年は連邦準備制度理事会(FRB)の理事ポストが3つ空席となり、バイデン政権の人事によりタカ派・ハト派のバランスが変わる可能性がある。

  来年メンバーとなるのはカンザスシティー連銀のジョージ総裁、クリーブランド連銀のメスター総裁、セントルイス連銀のブラード総裁、そしてボストン連銀の次期総裁だ。ボストン連銀の次期総裁は現在まだ選考中で、正式に決定するまではフィラデルフィア連銀のハーカー総裁が投票する。

The Fed's New Dot Plot
最新のドット・プロット
出典:ブルームバーグ

  一方でシカゴ連銀のエバンス総裁、アトランタ連銀のボスティック総裁、リッチモンド連銀のバーキン総裁、サンフランシスコ連銀のデーリー総裁がメンバーから抜ける。ブラード、メスター、ジョージの3総裁は全員このところ、急速な物価上昇を巡ってタカ派寄りの発言をしている。

  こうした状況で、空席となっている3つのFRB理事ポストを誰が埋めるかが重要になってくる。ホワイトハウスは17日、バイデン大統領が年末までに理事を指名する意向だと説明。ただそれ以降、指名の時期に関する新たな情報を明らかにしていない。FRB理事は全員、FOMCにおいて常に投票権を持つ常任メンバー。

  元FRBスタッフで、現在ブルームバーグ・エコノミクスの米国担当チーフエコノミストを務めるアナ・ウォン氏は、「バイデン大統領による3つのFRB理事ポストの人事で、2023年の利上げ回数に関するFOMCの見解が現在予想されている3回から2回に傾く可能性が高い」と分析した。

原題:Fed’s Incoming Voters Skew Hawkish. Biden Picks May Tilt Balance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE