コンテンツにスキップする

中国人民銀、3.6兆円の短期資金供給-年末控えた資金需要に対応

更新日時
  • 7日物レポ金利が27日に1年ぶり大幅上昇、流動性は不足気味だった
  • 金融機関が円滑に年を越せるよう手助けする必要-ANZ邢兆鵬氏

中国人民銀行(中央銀行)は28日、銀行システムへの短期資金供給を強化した。年末を控えた資金需要の拡大に対応する。

  人民銀はこの日、7日物リバースレポで2000億元(約3兆6000億円)を供給。規模としては2カ月ぶりの大きさだった。金利は2.2%。同日満期を迎えた分を除いた供給額は1900億元に上った。

PBOC boosts net injection to highest in two months at year end
 
 

  27日には7日物レポ金利が52ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、1年ぶりの大きな上げを記録。銀行間市場で流動性が不足気味であることが示唆されていた。現地時間28日午前10時8分(日本時間同11時8分)時点では2.23%と18bp下がっている。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の邢兆鵬シニアストラテジストは、「今回の大規模な資金供給は流動性圧力の緩和に寄与するだろう」と指摘。「金融機関が円滑に年を越せるよう手助けする必要がある」と述べた。

原題:China Injects Most Cash in Two Months as Demand for Fund JumpsPBOC Boosts Daily Liquidity Injection to 200b Yuan (1)(抜粋)

 

(市場関係者のコメントなどを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE