コンテンツにスキップする
Photographer: Ken Cedeno/Bloomberg
Cojp

米CDC、コロナ無症状感染者の推奨自己隔離期間を短縮-指針を変更

  • 従来の10日間を5日間に短縮、その後5日間は人の近くでマスク着用
  • 感染の大多数が発症の1-2日前か2-3日後に起きるためと説明

米疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルスに関する自己隔離の指針を変更し、無症状感染者の自己隔離期間を従来推奨していた10日間から5日間に短縮した。その後5日間は周囲に人がいる場合はマスク着用を求めた。

  CDCは27日の発表資料で、新型コロナ感染の大多数は通常、発症の1-2日前か2-3日後に起きると科学的に実証されたことが指針変更の理由だと説明した。新型コロナ検査の陽性者に10日間の自己隔離を推奨していた従来の指針に取って代わる。  

原題:CDC Shortens Advised Isolation Period for General Population、CDC Cuts in Half Recommended Isolation Period for Covid Patients(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE