コンテンツにスキップする

滴滴が下落、従業員による保有株売却禁じたとの一部報道を嫌気

更新日時
  • 滴滴のADS、5.4%安で終了-22日以来の大幅な下げ
  • 米上場以来ほぼ半年で62%値下がり、時価総額が約420億ドル減少
The Didi ride-hailing app on a smartphone arranged in Beijing, China, on Monday, July 5, 2021. China expanded its latest crackdown on the technology industry beyond Didi to include two other companies that recently listed in New York, dealing a blow to global investors while tightening the government’s grip on sensitive online data.
The Didi ride-hailing app on a smartphone arranged in Beijing, China, on Monday, July 5, 2021. China expanded its latest crackdown on the technology industry beyond Didi to include two other companies that recently listed in New York, dealing a blow to global investors while tightening the government’s grip on sensitive online data. Photographer: Yan Cong/Bloomberg

27日の米株式市場で、中国配車サービス大手の滴滴グローバルが下落。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)はこの日、滴滴が現・元従業員に対し、保有する自社株の売却を無期限に禁止する措置を講じたと報じた。

  滴滴の米国預託株式(ADS)は、5.4%安の5.30ドルで終了。22日以来の大幅な下げとなった。滴滴を巡っては、6月の新規株式公開(IPO)後180日間売却を制限するロックアップ期間の終了日が27日となっており、これと同日に従業員による保有株の売却禁止措置が講じられたことになる。

滴滴の初期投資家、株式売却の機会ついに到来-米IPO後の苦難経て

Didi shares have plunged since their June trading debut amid China's clampdown
滴滴の株価推移
出典:ブルームバーグ

  FTによれば、ウーバー・テクノロジーズやソフトバンクグループ、テンセント・ホールディングス(騰訊)といった外部投資家は27日に株式を売却することが可能だが、ここ数カ月売り圧力が続いていることから、多額の損失を被る可能性が高いという。

  米中両国の当局による規制強化が響き、滴滴のADSは低迷。米上場以来ほぼ半年で62%値下がりし、時価総額は約420億ドル(約4兆8200億円)減少した。滴滴は今月に入り、米上場廃止の準備を開始したと発表。香港上場を目指すとしている。

中国、国内企業の海外IPO精査を強化-安全保障に懸念なら禁止も

原題:Didi Shares Slump as Insiders Blocked From Selling Stock (3)(抜粋)

(株価を終値に差し替え、背景説明を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE