コンテンツにスキップする

ロシア、米国との安全保障協議を計画-NATOとの会合を前に

更新日時
  • まず米国と協議、1月12日のNATOとの会合前に-ラブロフ外相
  • ロシアは米国にいかなる「最後通告」も提示しない
Sergei Lavrov, Russia's foreign minister, speaks during the United Nations General Assembly via live stream in New York, U.S., on Saturday, Sept. 25, 2021. A scaled-back United Nations General Assembly returns to Manhattan after going completely virtual last year, but fears about a possible spike in Covid-19 cases are making people in the host city less enthusiastic about the annual diplomatic gathering.
Sergei Lavrov, Russia's foreign minister, speaks during the United Nations General Assembly via live stream in New York, U.S., on Saturday, Sept. 25, 2021. A scaled-back United Nations General Assembly returns to Manhattan after going completely virtual last year, but fears about a possible spike in Covid-19 cases are making people in the host city less enthusiastic about the annual diplomatic gathering. Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

ロシアのラブロフ外相は同国が求めている北大西洋条約機構(NATO)東方不拡大の保証に関して、現在提案されている1月12日のNATOとの会合を前に、まず米国と協議を開始する意向を明らかにした。

  ラブロフ氏は27日、ユーチューブのチャンネル「ソロビエフ・ライブ」とのインタビューで、「新年休暇の終了直後に米国との交渉を実施する方針だ」と発言した。AFP通信はその後、ホワイトハウスを引用し、米国とロシアが来月10日に軍縮とウクライナ情勢について協議すると報じた。

  ロシアは米国にいかなる「最後通告」も提示しないが、ロシアの要求に関する「終わりなき」交渉を認めるわけでもないとラブロフ氏は言明。ロシアはNATOがこれ以上の東方拡大をやめ、1997年の状態に勢力を巻き戻すという法的拘束力を持つ公約を求めている。

Military Buildup on Ukraine Border

Russia has positioned tanks, artillery and air defense at multiple sites

Note: Map shows main units confirmed by satellite imagery

Sources: Janes, OpenStreetMap contributors

関連記事

ロシア、NATOに東欧から軍撤退と勢力拡大停止を公然と要求

プーチン大統領が米国を評価、安全保障巡る提案に「前向きな反応」

ロシアのプーチン大統領、NATOの「脅威」には軍事対応も辞さず

バイデン氏が提案するNATOとロシアの協議、東欧諸国が猛反発

原題:Russia Plans Security Talks With U.S. Before NATO Meeting (2) (抜粋)

(2段落目にAFPの米ロ協議についての報道を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE