コンテンツにスキップする

フォックスコン、インド工場の生産再開へ-タミルナド州政府

台湾のフォックスコン(富士康科技集団)は、インド南部タミルナド州の工場で生産を再開する。同州政府が明らかにした。会社の提供する住居施設や食料の質に対し、主に女性の臨時従業員が抗議していた。

  同州政府の25日付の発表文によると、アップル「iPhone(アイフォーン)」の受託製造業者であるフォックスコンは、従業員側の要求を全て受け入れることに同意。近く生産を再開する。居住エリアの拡大や入浴施設の向上、飲料水の提供など、臨時従業員の職場・生活環境の改善を約束した。

  フォックスはさらに、工場の拡大と従業員採用を増やすことにも同意した。同工場は州都チェンナイ近くにある。

  インド紙ヒンズーによると、同工場の臨時従業員は、食中毒による入院といった事態を受け、18日に抗議を実施。同紙は別の記事で、同工場が26日まで操業を停止すると伝えていた。

  フォックスに営業時間外にコメントを求めたが、現時点で返答はない。

原題:

Foxconn to Restart Indian Factory After Protest, Government Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE