コンテンツにスキップする

ファウチ氏、オミクロン株への油断に警鐘-病院が患者で埋まるリスク

Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases.

Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases.

Photographer: Al Drago/Bloomberg

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は26日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株に対する警戒を緩めるべきではないと警鐘を鳴らした。症状が比較的軽いとの報告はあるものの、感染件数が多いことから患者が大量に押し寄せて医療システムを圧迫する恐れがあるとしている。

オミクロン株感染の入院リスク、デルタ株を下回る-3つの調査 (2)

President Biden Meets With Members Of White House Covid-19 Response Team
NIAIDのファウチ所長
Source: Bloomberg

  バイデン米大統領の首席医療顧問を務めるファウチ氏はABCのテレビ番組で「重症度の低い患者が大量に増えてしまえば、重症度が低いことのプラス効果が打ち消されてしまうかもしれない」と語った。

  CNNによると、米国ではオミクロン株による1日当たりの新規感染者はデルタ株感染拡大局面での人数を上回った。米航空各社は感染者急増に伴う人員不足で約1900便を欠航とした。

原題:

Fauci Warns of Complacency With Virus Set to Fill Hospitals (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE