コンテンツにスキップする

日台の与党議員が2回目のオンライン会議-半導体供給網で協力確認

自民党と台湾与党の民主進歩党(民進党)の国会議員は24日にオンライン会議を開き、今後も定期的に協議を重ねていくことで合意した。民進党の羅致政・立法委員(国会議員)が台北での記者会見で述べた。

  羅委員によれば、この日で2回目となるオンライン会議では外交・経済協力が話し合われたが、安全保障・軍事協力に関係する問題は取り上げなかった。

  台湾が福島など5県からの食品輸入を禁止している問題について、日台双方が科学的根拠と国際的基準に基づき対応すべきだという点で一致したが、具体的な日程などへの言及はなかったという。

  民進党の邱志偉・立法委員は同じ記者会見で、半導体サプライチェーンの協力強化でも双方が合意したと語った。

関連記事:
TSMCの半導体拠点の日本設置、台湾与党に要請-自民 

原題:Taiwan and Japan’s Ruling Parties Agree to Hold Regular Talks (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE