コンテンツにスキップする

ユナイテッドとデルタ航空、24日に約200便を欠航-オミクロン株拡大で

  • ユナイテッドは100便余り、デルタは約90便を欠航
  • デルタは一部地域の悪天候の可能性も理由に挙げる

ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは24日に100便余りを欠航すると発表した。また、デルタ航空は同日に約90便を欠航することを明らかにした。

  ユナイテッドは23日の電子メールで、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染急拡大が航空機乗務員や地上勤務員の人繰りに影響を与えていると指摘。デルタ航空は欠航について、一部地域での悪天候の可能性やオミクロン株の影響など、さまざまな要因が重なったためだと説明した。

  デルタは電子メールで「デルタのチームは航空機の経路変更や乗務員の交代を含むあらゆる選択肢を使い尽くした後、24日の約90便の欠航を決定した」と説明。ただ、同社は24日になお3100近くの便を運航する。

  ユナイテッドは「残念ながら一部の便を欠航とせざるを得ず、対象となる顧客には空港に向かう前に通知しているところだ」と説明した。

ユナイテッド、100便余りを24日欠航-オミクロン株に伴う乗員不足で

原題:

United and Delta Cancel Around 200 Christmas Eve Flights (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE