コンテンツにスキップする

コロナ飲み薬、次の焦点は配分方法-米でメルクとファイザー製許可

  • メルクのモルヌピラビル、他に選択肢ない高リスク成人向けに認める
  • 米政府はファイザー製1000万回治療分を発注-メルク製300万回分

米食品医薬品局(FDA)は今週、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の2つの経口薬(飲み薬)に緊急使用許可を出した。米国でのコロナ飲み薬の許可は初めて。次のハードルは誰に対しどちらを投与するかを判断することだ。

  米メルクのモルヌピラビルは23日に使用許可を得た。他に治療選択肢のない、重症化リスクの高い成人患者に対する使用が認められたが、妊娠中の女性は服用を控えるよう勧告された。米国は近く300万回の治療に相当する量を入手できる。

メルクのコロナ経口薬にFDA使用許可-妊娠中は控えるよう警告 (1)

  一方、22日に使用許可を受けたファイザーの「パクスロビド」は臨床データがより力強く、バイデン大統領は「有望な新しい治療法」だと称賛した。ただ、製造に数カ月を要するため当面は限られた量しか入手できない。

ファイザーのコロナ経口薬、FDAが高リスク患者に緊急使用許可 

  当局者は評価がより高いファイザー製を選好する姿勢を示唆しているが、何もないよりは望ましいと指摘するメルク製の方を多く確保する予定だ。今後数週間には、州当局や医師が誰に何を投与するかについて議論することになる。

  米政府によると、米国はメルク製を直ちに数十万回分、1月末までに300万回分と、発注分のほぼ全てを確保する。一方、ファイザー製は1月末までにわずか26万5000回分、春までに月間最大200万回分、7月までに計1000万回分を入手する。初期の出荷は6万5000回分にとどまり、ニューヨーク州では約3180回分だ。

  バイデン大統領は今週、ABCニュースとのインタビューで、ファイザー製の供給は当初、「全ての医療機関に行き渡るほどではないだろう」とする一方、政府はファイザーが生産可能な全量をこれまでに発注していると語った。

  米国立衛生研究所(NIH)は治療薬をどう配分するかに関する推奨リストの作成を進めている。ただ、誰が最初にパクスロビドの投与を受け、誰にメルクのような代替の治療薬を使用するかを最終的に決めるのは医師だ。

  バイデン大統領の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は22日、「コロナの症状が出てから最初の3日以内の高リスク患者向けに処方箋を書くのはほぼ間違いなく医師になる」とし、「供給が限定的な時は、明らかに状況は極めて厳しい」と指摘した。

  新型コロナウイルス対策調整官を兼任するザイエンツ大統領顧問によると、ファイザー製の生産には6-8カ月かかる。米政府は国防生産法の発動を含めファイザーに支援を申し出ているが、同社はまだ支援を必要としていない。

  ファウチ所長はファイザー製の生産工程について「実際かなり複雑だ」などとした上で「われわれが緊密に連携することでその工程を短縮化できるようにしたい」と語った。

原題:

Covid-Pill Rationing Is Next Focus as U.S. Clears Merck, Pfizer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE