コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Cojp

グーグルとGMもCES対面参加見送り-インテルやウェイモに続き

  • アマゾンやメタは先に直接参加中止を表明、コロナ感染者急増で
  • 出展企業のキャンセルは展示フロアの7%未満とイベント主催者

米ラスベガスで来月開催が予定されている世界最大規模のテクノロジー見本市「CES2022」を巡り、半導体最大手の米インテルアルファベットの自動運転車部門ウェイモに続いて、グーグルとゼネラル・モーターズ(GM)も対面でのプレゼンテーションを取りやめる。

  GMは23日、例年なら自動車業界の最新技術を披露する舞台となる同イベントについて、「全面的なデジタル方式」に変更することを明らかにした。発表資料によると、同社は「『シボレー・シルバラード』電気自動車(EV)版の発表を含む重要な企業ニュース」をオンラインで公開する予定だという。

  アルファベット傘下のグーグルは、「新型コロナウイルスのオミクロン変異株の動向を注視した」末に対面参加見送りを決めたと発表。同社の広報担当は発表資料で今回の決定について、「当社チームの健康と安全にとって最良の選択だ」と説明した。これに先立ち、ウェイモは23日のブログ投稿で、感染率上昇を理由に幹部らがオンライン形式で参加すると公表した。

  インテルも同日、イベントに派遣するのは少数のスタッフだけで、インターネットでの参加に切り替えると明らかにした。

  イベントを主催する全米民生技術協会(CTA)が22日発表したところでは、出展企業のキャンセルは展示フロアの7%未満。先週以降に42社のキャンセル通知を受け取る一方、新規参加が60社増えたという。

ラスベガスCES、アマゾンやメタが参加取りやめ-感染者急増で

原題:Google Joins GM, Intel as Latest to Pull Out of CES (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE