コンテンツにスキップする

NY市、大みそか恒例イベントの来場者数制限-感染者急増で対策強化

  • 入場者1万5000人まで、ワクチン接種証明提示とマスク着用義務付け
  • 全面的な開催中止は見送り、会場が屋外であることや予防措置理由に
Teresa Hui poses for photos before the 2022 numerals to be used at a new year countdown event in Times Square in New York, on December 20, 2021.
Teresa Hui poses for photos before the 2022 numerals to be used at a new year countdown event in Times Square in New York, on December 20, 2021. Photographer: Ed Jones/AFP/Getty Images

米ニューヨーク市は23日、大みそか恒例のタイムズスクエアでの年越しイベントについて、来場者数を制限し、公衆衛生・安全上の対策を強化する方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染者数の急増を受けた措置。

  デブラシオ市長は、イベントは依然として開催されるものの、観覧エリアへの入場者数を1万5000人までとすると説明。来場者はワクチン接種証明の提示とマスク着用が義務付けられるという。

  それでもなお同市長は、来場者のワクチン接種要件や会場が屋外であること、適切な予防措置などを理由に、全面的なイベント中止は見送った。

  オミクロン株の拡散で、市内のコロナ感染者数はわずか1カ月で6倍余りに増加。市のデータによると、過去7日間のコロナ検査陽性率は21日時点で11.38%と、夏季の1%未満から跳ね上がった。

明かり消える米繁華街、オミクロンの猛威で営業自粛-当局と温度差

  ニューヨーク市の大みそかのカウントダウンイベントは例年、世界中から多くの観光客を集め、会場の模様が全米で放映される。

原題:NYC to Limit Crowds for New Year’s Eve Due to Covid Spike (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE