コンテンツにスキップする

米、ロシアにウクライナ国境での緊張緩和求める-プーチン氏会見受け

  • ロシアは国境の200キロ以内に12万2000人の部隊を集結-ウクライナ
  • プーチン大統領の年次記者会見を受けて米当局者が会見

米国は23日、ロシアがウクライナ国境での緊張緩和に向けた措置を講じる必要があるとの見解を示した。欧米諸国とウクライナ当局者は、ロシア軍が引き続き攻撃の可能性に備えて部隊を増強していると指摘している。

ロシア、ウクライナ国境の軍備増強継続-米国との協議に備える中でも

  匿名を条件に会見した米当局者は、ロシアがウクライナに緊張の責任を転嫁しようとする虚偽情報キャンペーンを強化している兆候が引き続きみられると指摘。ウクライナは、ロシアが国境の200キロ以内に12万2000人の部隊を集結させていると推定している。数週間前は10万人だった。

Russia's President Vladimir Putin Annual News Conference
モスクワで年次記者会見を行うプーチン大統領
Source: Bloomberg

  今回の米当局者の会見は、ロシアのプーチン大統領の年次記者会見を受けて行われた。プーチン氏はウクライナ情勢の緊張緩和を巡り法的拘束力を持つ安全保障上の保証をロシアが求めていることについて、米国の反応は「肯定的」だと評価していた。

プーチン大統領が米国を評価、安全保障巡る提案に「前向きな反応」

原題:U.S. Says Russia Must De-Escalate as Troops Mass Near Ukraine (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE