コンテンツにスキップする

米FAA、5G新サービスが航空機の安全な運航に悪影響及ぼすと警告

A Boeing Co. 737 Max plane takes off from the company's manufacturing facility in Renton, Washington, U.S., on Tuesday, Mar. 12, 2019. 

A Boeing Co. 737 Max plane takes off from the company's manufacturing facility in Renton, Washington, U.S., on Tuesday, Mar. 12, 2019. 

Photographer: David Ryder/Bloomberg

米連邦航空局(FAA)は航空各社や空運業者に対し、来月5日に新たな周波数帯で開始される第5世代(5G)移動通信ネットワークサービスが航空機の安全な運航に悪影響を及ぼす恐れがあると警告した。

  FAAは23日、航空機の安全装置が「幅広く」影響を受ける可能性があると警告を発した。

  通信業界や米連邦通信委員会(FCC)はこれまで、5G通信が脅威になることはないとの見解を繰り返しているものの、FAAと航空各社は運航障害やその他の影響があり得るとして警戒感を示している。

 

原題:

Safety Alert on 5G Interference With Aircraft Expanded by FAA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE