コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
Cojp

中国電信、米事業の大半を継続する意向-FCCの免許取り消しに反論

  • 来月3日以降もプライベートキャリアとしてサービスを提供する方針
  • FCCは中国のスパイ活動に使われ得るとの懸念から免許を取り消し

中国国有の通信会社チャイナテレコム(中国電信)の米州部門は22日、米連邦通信委員会(FCC)の業務停止命令にもかかわらず、米事業の大半を継続する方針を示した。

  チャイナテレコム(アメリカス)はローゼンウォーセルFCC委員長宛ての20日付書簡で、米国内の企業向け通信事業はFCCが指摘している「コモンキャリア」事業には当たらず、FCC命令の対象外だと主張した。FCCは国家安全保障を巡る懸念を踏まえ、チャイナテレコムに付与していた米国内の事業免許を取り消していた。

  米州部門は「契約義務を尊重し顧客に不適切な混乱をもたらすことを避けるため、2022年1月3日以降もプライベートキャリアとしてサービス提供を続ける意向」だと説明した。

関連記事:

  FCCは今年10月、中国によるスパイ活動に使われる可能性があるとの懸念からチャイナテレコムの米事業免許を取り消すことを全会一致で決定。取り消し命令が出されたのは11月2日で、発効はその60日後。

  FCCにコメントを22日に求めたが、返答はなかった。

原題:China Telecom Vows to Defy FCC Eviction, Keep Operating in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE