コンテンツにスキップする
Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg
Cojp

22年度GDPは過去最高へ、実質成長率3.2%に上方修正-政府見通し

内閣府が23日公表した政府経済見通しによると、2022年度の国内総生産(GDP)は金額ベースで過去最高となる見込み。公的支出で経済を支える中、消費の回復や堅調な設備投資をけん引役に民需主導の自律的な成長を想定している。

  名目GDPは前年度比3.6%増の564.6兆円程度と、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きく落ち込んだ20年度(535.5兆円)を底に回復基調を維持する見通し。実質の成長率はプラス3.2%と、7月の年央試算から1ポイント上方修正した。

  一方、21年度の実質GDP成長率見通しはプラス2.6%と、従来のプラス3.7%から下方修正。コロナ感染再拡大に伴い国内外で経済・社会活動が制限されたことを反映した。ただ、GDPは年度内にコロナ前の水準を回復するとみている。

  22年度の消費者物価(総合)は、経済の回復と携帯電話通信料値下げの影響が剥落(はくらく)する下で0.9%上昇と、年央試算の0.7%上昇から引き上げた。

 2021年度2022年度
実質GDP

2.6%

(3.7%)

3.2%

(2.2%)

名目GDP

1.7% 

(3.1%)

544.9兆円

3.6%

(2.5%)

564.6兆円

完全失業率

 2.8%

(2.7%)

2.4%

(2.4%)

消費者物価(総合)

▲0.1%

(0.1%)

0.9%

(0.7%)

(注)完全失業率以外は前年度比変化率、カッコ内は年央試算。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE