コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • ファイザーのコロナ経口薬をFDA承認、米政権は供給確保を急ぐ
  • マスク氏株売却ほぼ終了か、オミクロン入院リスク、米信頼感上昇
Pedestrians wearing protective masks walk through the Times Square neighborhood of New York, U.S., on Thursday, March 12, 2020. 

Pedestrians wearing protective masks walk through the Times Square neighborhood of New York, U.S., on Thursday, March 12, 2020. 

Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

「ブロードウェイから明かりが消えた」で歌詞が始まるビリー・ジョエルの「マイアミ2017」。この歌が描く黙示録のような世界は、新型コロナウイルスの感染で2020年に現実的になりました。ブロードウェイは今年9月にようやく再開にこぎ着けたものの、オミクロン変異株の猛威で明かりがまた消えようとしています。ただマディソン・スクエア・ガーデンによると、年明け14日に開かれるビリー・ジョエルのコンサートは予定通り。チケットを購入した人は、それまでに感染が落ち着くよう願っていることでしょう。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

 

治療が身近に

米食品医薬品局(FDA)はファイザー製の新型コロナウイルス感染症(COVID19)経口薬について、緊急使用許可(EUA)を出した。使用許可の対象は年齢が12歳以上、体重40キロ以上の患者。検査で陽性となり、入院もしくは死亡を含む重症化リスクが高い場合に投与される。FDA医薬品評価センター(CDER)のパトリツィア・カバゾーニ氏は、「重症化リスクの高い患者にとって抗ウイルス治療をより身近にするものだ」と述べた。ファイザーは別の発表文書で、米国内向けに直ちに供給を開始する準備が整っているとした。

早速確保へ

バイデン米政権はCOVID19治療薬について、1月末までに400万コース分の供給を見込んでいる。当局者らによると、治療薬にはグラクソ・スミスクラインのモノクローナル抗体製品や免疫不全の人向けの感染予防薬、メルクとファイザーの新たな経口抗ウイルス薬が含まれる。オミクロン株の広がりで米国の感染者数が再び急増する中、医療機関にとっては新型コロナと闘う手段が増える格好となる。

達成間近か

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、保有自社株を10%手放す目標をほぼ達成したとツイートで明らかにした。これに先立ち、同氏は目標を達成するのに十分な売却を済ませたと、風刺ニュースサイト「バビロン・ビー」とのインタビューで述べていた。これを受けてテスラの株価は一時、11月上旬以来の大幅高となった。規制当局への最新の届け出によれば、マスク氏はテスラ株3億2570万ドル(約372億円)相当を追加売却。これとは別に5億2800万ドル相当も売却し、これまでの合計で1380万株、145億ドル相当を手放した。バビロン・ビーへの発言は、この届け出以降に追加で売却した可能性を示唆する。

7割から8割

オミクロン株に感染した患者の入院リスクは、デルタ変異株と比べはるかに低い可能性があることが、英スコットランドと南アフリカ共和国でそれぞれ行われた調査の暫定データで示された。スコットランドの研究者らは、オミクロン株の感染力は従来の変異株に比べて強いものの、入院に至るリスクは7割近く低いと考えられるとの見解を示した。これに先立ち、南アの国立伝染病研究所(NICD)もリポートで、オミクロン株の感染者はその他の変異株などに感染した人と比べ入院に至る割合が80%低いと明らかにした。

逆風に耐える

コンファレンスボードが発表した12月の米消費者信頼感指数は、予想を上回る115.8に上昇した。新型コロナウイルスのオミクロン株や物価上昇への懸念が強まる中でも、雇用と経済に対する見通しが改善した。1年先のインフレ期待は若干低下。前月は2013年来の高水準となっていた。コンファレンスボードの景気指数担当シニアディレクター、リン・フランコ氏は発表文で「22年に目を向けると、物価上昇および冬季に予想される感染急拡大により、信頼感と個人消費は引き続き逆風に直面するだろう」と記した。

その他の注目ニュース

アマゾンのクラウド事業、FTCが反トラスト調査を本格化-関係者

飛行機内の感染リスク、オミクロン株では2倍以上-IATA顧問

オミクロン時代の安全な国番付、制限措置復活か正常化の道貫くのか

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE