コンテンツにスキップする

ECBは2022年に利上げも、極端なケースなら-ホルツマン氏

Robert Holzmann, governor of Austria's central bank.

Robert Holzmann, governor of Austria's central bank.

Photographer: Roni Rekomaa/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)はインフレが予測に沿って低下しない場合、来年中に資産購入を削減または段階的に終了し、利上げをすることも極端なシナリオであり得ると、政策委員会メンバーのホルツマン・オーストリア中銀総裁がオンライン記者会見で述べた。

  同総裁は、インフレ率が予想に沿って低下しなければ当局者にとって「警鐘」が鳴るだろうと説明。

  従来の資産購入プロブラムであるAPPを終了すれば、その後に利上げがあるという「非常に強いシグナル」を市場に送ることになるとも述べた。

  インフレの二次的影響についての見通しには不確実性があると指摘した。

  インフレが極端に加速すれば資産購入終了前の利上げも可能だとホルツマン氏は政策委員会で主張したが、支持があまり得られなかったと明らかにし、従って可能性は低いと付け加えた。

 

原題:

ECB Can in ‘Extreme’ Case Raise Rates in 2022, Holzmann Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE