コンテンツにスキップする

中国の不動産支援、地方当局の発表に一喜一憂する市場-株変動大きく

  • 黒竜江省が不動産業界の成長促すため「全力挙げる」よう呼び掛け
  • 省政府ウェブサイトから発表が削除され、上海の不動産株指数は反落

中国の不動産市場に関する慎重に調整された当局のメッセージに慣れている投資家にとっては、黒竜江省政府の発表文は注目に値した。不動産業界の成長を促すため「全力を挙げる」よう呼び掛ける内容で、省当局による同セクターへの支援表明としては突出して強い調子だったからだ。

  だが、この発表文のスクリーンショットが21日にトレーディングデスクを駆け巡り始めてから間もなく、通信アプリのウィーチャット(微信)の黒竜江省アカウントと政府ウェブサイトからこれが静かに削除された。

  中国の不動産セクターはここ数カ月、過剰債務を抱えた開発業者や過熱気味の住宅市場に対する政府の規制で動揺しており、今回の出来事は不動産業界の今後を巡る臆測を再び招いた。

  黒竜江省の声明がこうした規制の巻き戻しに向けた政府の取り組みを加速させるシグナルになるとの期待から、上海に上場する不動産銘柄の指数は21日に3.8%高と今年6月以来の高値を付けたものの、翌22日は下落に転じた。

Shanghai-listed property stocks jumped to highest since June
 
 

  黒竜江省政府の報道担当部署からはコメントがすぐに得られなかった。同省の住宅規制当局にも電話取材を試みたが、応答はなかった。黒竜江省の発表文は中国メディアの界面と財聯が先に報じていた。

  投資家にとっての問題は、黒竜江省による今回の声明をどの程度重視するかだ。珠海青竹私募基金管理のマネジングディレクター、チャン・リアンチン氏は省・地方当局が緩和モードへとさらにシフトする一方、政策変更に関しては目立たないようにしていく公算が大きいと分析した。

Little-known developer surges in Shanghai
 
 

原題:China Property Bets Roiled by Deleted Post on ‘All Out’ Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE