コンテンツにスキップする

東急不動産、東急ハンズをカインズに譲渡へ-金額非開示

更新日時
  • ネット販売普及で競争激化の中、新型コロナの感染拡大が追い打ち
  • 東急ハンズは1976年創業、ライフスタイル提案型ショップとして人気

東急不動産ホールディングスは22日、連結子会社である東急ハンズの全発行済み株式と、同社がハンズに対して保有している貸付債権を、ホームセンター運営のカインズ(埼玉県本庄市)に譲渡すると発表した。売却金額は開示していない。

  東急不動産HDの発表資料によると、譲渡実行日は2022年3月31日の予定。22年3月期に特別利益を計上する見込みだが、業績予想の変更はないとしている。

  売却の理由については、少子高齢化や消費者の行動変容などを背景に国内小売り市場の飽和状態が常態化する中、インターネットを通じた買い物が普及するなど競争激化でハンズの業績は低迷。再建策を進めていたところに、新型コロナウイルス感染症の拡大で業界の環境変化が加速したことなどを挙げている。

  東急不動産HDでは今回の売却で野村証券をファイナンシャルアドバイザーに選定。複数候補者からの提案を受けて検討を重ねた結果、カインズの提案内容からハンズのオーナーとして最善と判断したとしている。

  東急ハンズは、1976年に東急不動産の100%子会社として創業。「手の復権」を掲げ、DIYを中心としてライフスタイルを提案するショップとして人気を集めてきた。現在は国内海外で計86 店舗を展開する。

(発表内容の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE