コンテンツにスキップする

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

Cojp

【コラム】アルゴリズムも仕事奪えず、バンカー最後の安全地帯-レン

  • 中国など新興国企業のドル建て債投資には優秀な人材が必要
  • うわさは多く、判断力の鋭い有能なトレーダーの存在は不可欠

投資銀行でうまみのある仕事の多くが、機械やコンピューターのアルゴリズムに置き換えられて久しい。今やほぼ全ての株取引が電子的に実行される。豪華な食事を共にし、富裕層から注文を取り付けることも多い高利回り社債絡みの仕事でさえ減りつつある。米国でこうした取引が電子的に行われる割合は37%と、2019年序盤の21%から上昇した。

  今年は中国による容赦ない動きもあった。中国当局は大手テクノロジー企業に対する締め付けを強化し、勢いのあるスタートアップ企業の米上場をけん制した。投資銀行業で成功できるキャリアの道は閉ざされつつある。

  ただ全てが失われたわけでない。コンピューターや専制君主を寄せ付けない最後のフロンティアがある。中国を中心とする新興国の企業が発行するドル建て債だ。 

  こうした社債は意外にも破壊的な動きに耐性がある。中国勢の発行はわずか5年のうちに急増。残高は今や約1260億ドル(約14兆3800億円)に達し、指標金利がゼロに近い世界にあって表面利率は少なくとも7%と抜群に高い。デフォルト(債務不履行)が増え始めるにつれ、中国の不動産開発会社に対する日々の信用分析に魅力を感じなくなれば、ディストレスト債の再編に目を向けることも可能だ。

  確かにコンピューターを使えば生産性は高まる。社債は株式よりはるかに複雑で、最も精通したトレーダーでさえ全ての利回り曲線を追い続けることはできない。

  しかし、鋭い判断力を備えた有能なトレーダーの存在は不可欠だ。特に重宝されるのが、商業銀行や不動産業界に幅広いネットワークを持つ人材だ。うわさは多く、書面で良さそうに見えても、紙くず同然になる社債もある。

  今年の中国不動産セクターがその実例だ。不動産開発の当代置業(中国)は10月半ば、同月25日が償還期限の2億5000万ドル相当のドル建て債について3カ月の期限延長を投資家に求めた。当初の期限到来日に元本の35%を償還すると約束し、経営権を持つ複数の株主から約1億2400万ドルの融資を得ると説明。悪くない提案のように見え、社債価格が上昇したが、1週間後に同社は提案を撤回し、デフォルトに陥った。コンピューターがこの変心を予測できただろうか。

Modern Love

Modern Land asked for repayment extension, propelling a rally. Then the developer changed its mind, terminated the offer and defaulted.

Source: Bloomberg

  不動産開発大手の中国恒大集団を見てみよう。同社は自社債だけでなく、出資する合弁事業向けに水面下で保証していた債券もデフォルトに見舞われた。お分かりだろうが、今年の大きな地雷は私募債やプライベートローンだった。条件等が記載された融資書類の入手が難しい不透明なこの分野では、生身の人間が持つ取材スキルがコンピューターよりはるかに有用だ。

  ブログの利用が活発な中国金融界には、ソーシャルメディアの解読というニーズもある。ブロガーが直接入手した最新情報が投稿されることも多いが、検閲への懸念があり具体名は使われない。例えば「スイカ兄弟」とでも訳されるペンネームの人気ブロガーは、最終的に救済された国有の不良資産受け皿会社、中国華融資産管理を「濃い眉と大きい目」と呼んでいた。中国平安保険(集団)は「オレンジ工場」とされたが、恐らくそれは会社ロゴがオレンジ色のためだ。ブロガーの投稿でしばしば見られる「xxx」は謎めいており、私はその解釈を非常に有能な知人に頼まざるを得ない。

  コンピューターのアルゴリズムはトレンドを詳しく示し、収れんする方向の外れ値を探す。しかし、中国投資には妙味がある。まだ新しく、どうあるべきか探る段階にありトレンド自体がないという醍醐味だ。ディストレスト債投資は大変な作業となり、裏切りや失望も伴うだろう。だからこそ、コンピューターがバンカーの代替となり得ない最後の安全地帯となっているのだ。

(シュリ・レン氏はブルームバーグ・オピニオンのアジア市場担当コラムニストです。インベストメントバンカーとしてキャリアを積んだ後、バロンズにマーケット関連の記事を執筆していました。このコラムの内容は必ずしも編集部やブルームバーグ・エル・ピー、オーナーらの意見を反映するものではありません)

原題:Here Are the Banking Jobs Algos Haven’t Destroyed: Shuli Ren (抜粋)

 

    This column does not necessarily reflect the opinion of the editorial board or Bloomberg LP and its owners.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE