コンテンツにスキップする

ソフトバンクGにアポロが約4600億円のローン計画-関係者

  • プライベートクレジット市場のユニトランシェ型として過去最大規模
  • ビジョン・ファンド2の約400億ドル相当の資産が裏付けに
relates to ソフトバンクGにアポロが約4600億円のローン計画-関係者

米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社アポロ・グローバル・マネジメントソフトバンクグループに約40億ドル(約4600億円)の融資を計画していることが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。プライベートクレジット市場でこの種のローンとしては過去最大規模になる。

  非公開取引だとして関係者が匿名で語ったところでは、今回のローンはソフトバンクGのビジョン・ファンド2の保有資産が裏付けとなる。条件はまだ最終決定していないが、40億ドルの融資は同ファンドが保有する約400億ドル相当の資産との比較となる見通しだと、関係者の1人が語った。

  複数の関係者によれば、ローン金利は1桁台半ばとなる見込み。今回の取引ではアポロが出資先の保険会社アテネ・ホールディングスとともに中心的役割を果たすが、ミューチュアルファンドや寄付基金、金融機関も融資に参加するという。

  ソフトバンクGとアポロの担当者はコメントを控えた。ローンについては米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が最初に報じた

  今回のローンは優先ローンと劣後ローンを1つのファシリティに融合したユニトランシェ型。ブルームバーグ集計データによると、40億ドルというローンの規模はプライベートクレジット市場のユニトランシェ型としては過去最大。

原題:

Apollo to Lend $4 Billion to SoftBank in Private Credit Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE