コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のスナップディール、インドIPOを申請

  • 来年のIPOで125億ルピー調達へ、仮目論見書をインド当局に提出
  • ソフトバンクGなど既存株主は最大3077万株売り出しへ
The Snapdeal.com website is displayed on an Apple Inc. Iphone in an arranged photograph in New Delhi, India, on Thursday, Aug. 21, 2014. India doesn’t allow foreign-controlled companies to sell products online. That’s led local web retailers such as the local Snapdeal to a different model than the one pioneered by Amazon: they operate online marketplaces and local traders sell goods in a $3 billion e-commerce market.
The Snapdeal.com website is displayed on an Apple Inc. Iphone in an arranged photograph in New Delhi, India, on Thursday, Aug. 21, 2014. India doesn’t allow foreign-controlled companies to sell products online. That’s led local web retailers such as the local Snapdeal to a different model than the one pioneered by Amazon: they operate online marketplaces and local traders sell goods in a $3 billion e-commerce market. Photographer: Kuni Takahasi

ソフトバンクグループが出資するインドの電子商取引スタートアップ(新興企業)、スナップディールは新規株式公開(IPO)の仮目論見書(DRHP)をインド証券取引委員会(SEBI)に提出した。記録的な株高の中でインド市場上場を目指すハイテク企業に仲間入りする。

  仮目論見書によれば、ニューデリーに本社を置くスナップディールは、新株発行を通じ125億ルピー(約188億円)を調達する計画。さらに、ソフトバンクグループなどの既存株主は最大3077万株を売り出す方針。

  2010年創業のスナップディールは、急成長するインド市場でアマゾン・ドット・コムウォルマート傘下のフリップカートに対抗したが、資金力のあるライバルが大型投資で市場シェアを拡大したため、後れを取っていた。スナップディールはその後、競合大手とは一線を画し、低価格品を中心とした電子商取引に重点を置く方向に経営を改革。来年早々にIPOを目指す方針。

原題:

Amazon Rival Snapdeal Reveals Sales Dive Ahead of Mega India IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE