コンテンツにスキップする

NY証取撤退のチャイナモバイル、8700億円規模の上海上場目指す

  • 1株当たり57.58元で8億4570万株を22日に発行
  • 中国本土での歴代トップ10に入る規模の上場に
A motorist travels past a China Mobile Ltd. store in Shanghai, China, on Wednesday, Jan. 6, 2021. The New York Stock Exchange is considering reversing course a second time to delist three major Chinese telecommunications firms after conferring further with senior authorities on how to interpret an executive order President Donald Trump issued Nov. 12, according to people familiar with the matter.
A motorist travels past a China Mobile Ltd. store in Shanghai, China, on Wednesday, Jan. 6, 2021. The New York Stock Exchange is considering reversing course a second time to delist three major Chinese telecommunications firms after conferring further with senior authorities on how to interpret an executive order President Donald Trump issued Nov. 12, according to people familiar with the matter. Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

売上高で中国最大の携帯電話会社チャイナモバイル(中国移動)は487億元(約8700億円)規模の上海上場を目指している。中国本土では約10年ぶりの大型上場となりそうだ。

  中国国有企業のチャイナモバイルは米国のトランプ前政権が講じた制裁措置によりニューヨーク証券取引所での上場が今年廃止された。上海証券取引所に20日遅く提出された目論見書によれば、同社は1株当たり57.58元で8億4570万株を22日に発行する。

  ブルームバーグの集計データによると、チャイナモバイルが目指す上場規模は中国の半導体メーカー、中芯国際集成電路製造(SMIC)による昨年の上海上場に匹敵する見込みで、中国本土での歴代トップ10に入る。

  目論見書によれば、オーバーアロットメント(株式の追加割り当て)が完全に実施されれば、チャイナモバイルは上場で560億元を集めることになる。

原題:China Mobile Eyes $7.6 Billion Shanghai Listing After Trump Ban(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE