コンテンツにスキップする

BofA、ホリデー期間は在宅勤務が可能とNY従業員に通知-関係者

  • BofAは従業員に予防措置呼び掛け、無料の新型コロナ検査も提供
  • コロナ感染者数の急増で、複数の金融機関が年内の在宅勤務を指示
relates to BofA、ホリデー期間は在宅勤務が可能とNY従業員に通知-関係者

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)はオフィス勤務を予定しているニューヨーク在勤の従業員に対し、ホリデーシーズンの数週間は在宅勤務が可能だと通知した。ウォール街は新型コロナウイルス感染拡大の新たな波への対応を迫られている。

  事情に詳しい関係者1人によれば、同行は従業員に無料の新型コロナ検査を提供しているほか、安全を保つための予防措置を講じるよう引き続き呼び掛けている。

  感染者数急増を受け、複数の金融機関が年内は在宅勤務を続けるよう従業員に指示し始めており、パーティーや会議も禁じている。米銀シティグループはニューヨーク都市圏の従業員にホリデー期間は在宅勤務とすることができると伝え、ヘッジファンド運営会社シタデルも同様の指針を発表した。

オミクロン株で米企業のビジネスプラン混乱、オフィス復帰延期相次ぐ

  BofAの担当者はコメントを控えた。

  関係者はまた、ブースター(追加免疫)接種を望む従業員に対し、同行が年明けに職域接種を提供することも明らかにした。非公開情報であることを理由に匿名で語った。

原題:BofA Tells NYC Staff They Can Work From Home Over Holiday Weeks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE