コンテンツにスキップする

中国人気インフルエンサーに罰金240億円-「共同富裕」で締め付け強化

  • ライブコマースで人気インフルエンサーの薇婭氏、罰金発表後に謝罪
  • ライブコマースに依存する小売業者やブランドに動揺広がる可能性も

中国政府は動画生配信を使ったライブコマースの著名インフルエンサーが脱税したとして、前例のない13億4000万人民元(約240億円)の罰金を科した。習近平国家主席は近年オンライン上で人気を集めるインフルエンサーへの取り締まりを強化した。

  国家税務総局の20日の声明によれば、罰金支払いを命じられたのは中国人女性の薇婭(viya)氏。2019年と20年に個人所得を隠して不正申告を行い、計6億4300万元の脱税を行ったという。

  薇婭氏は罰金の発表直後に「深い罪悪感」があるとして、謝罪文を微博(ウェイボ)に投稿。「税務当局の決定を全面的に受け入れる。期限内に罰金を支払うため資金を積極的に集める」と続けた

 

Li Jiaqi And Viya Attend Livestreaming Ceremony In Hangzhou
薇婭氏
写真家:VCG /ビジュアルチャイナグループ/ゲッティイメージズ

  薇婭氏の広報担当者にコメントを要請したが、すぐに返答は得られなかった。

  化粧品や電化製品、衣料品などの商品をライブコマース市場で紹介して販売する薇婭氏のようなインフルエンサーに対する罰金としては過去最大規模。薇婭氏はアリババグループ傘下の淘宝(タオバオ)でトップクラスの人気インフルエンサーで、視聴者集めや消費をけん引している。

  今回の事態は、中国政府が習主席の掲げる富の再配分政策「共同富裕」の一環として、ほとんど規制なしで近年成長してきたライブコマース分野に注意を向けていることを示している。 アリババだけでなく、多くの競合プラットフォームでライブコマースに販売促進を依存している小売業者やブランドを動揺させる恐れがある。

 

原題:

China Hits Top Influencer With $210 Million Fine Over Taxes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE