コンテンツにスキップする

アマゾン株が下落、重要な支持線を下回る-大型IT株の下げ続く中

  • 年初来でアップルやアルファベット、マイクロソフトなどに出遅れ
  • ジェフリーズやBofAなどは最近、来年のトップピックに指定
An Amazon Hub facility in Mesa, Arizona, U.S., on Friday, May 7, 2021. .

An Amazon Hub facility in Mesa, Arizona, U.S., on Friday, May 7, 2021. .

Photographer: Courtney Pedroza/Bloomberg

20日の米株式市場でアマゾン・ドット・コムの株価が下落。過去9営業日のうち7営業日目の下げとなり、終値ベースでテクニカル面の重要な水準を約1カ月ぶりに割り込んだ。

  アマゾンの株価終値は1.7%安の3341.58ドルと、11月2日以来の安値で、同月初め以来の200日移動平均割れとなった。この日の米株式相場は総じて軟調だった。米金融当局がタカ派に転換したことで先週は高成長株が売られた。20日はアップルが0.8%安、マイクロソフトは1.2%安、メタ・プラットフォームズは2.5%安だった。

【米国市況】株3日続落、オミクロンとマンチン議員で投資家心理悪化

  20日の下げを受けアマゾンの株価は、先月付けた終値ベースの高値を9.6%、7月に付けた終値での上場来高値を10%余り下回ることになった。年初来の上昇率は3%未満にととどまり、上げ幅が30%近いアップルや60%超のアルファベットのほかマイクロソフトなど超大型株に出遅れている。ナスダック100指数とS&P500種株価指数はともに今年20%余り上昇している。

Shares ended under their 200-day moving average
 
 

  アマゾン株は低調なパフォーマンスにもかかわらず、ウォール街では引き続き好意的にみられている。ブルームバーグの調査対象で同銘柄をカバーするほぼ全ての企業が「買い」相当の投資判断を示し、目標株価平均は20%超の上振れを示している。ゴールドマン・サックス・グループによる11月の動きに追随する形で、ジェフリーズやバンク・オブ・アメリカ(BofA)、JPモルガン・チェースは最近相次いでアマゾンを来年のトップピックに指定した。

原題:

Amazon Slides Below Support Level as Big Tech Weakness Continues(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE