コンテンツにスキップする

G7外相、香港の民主主義後退に重大な懸念表明-共同声明

Pedestrians cross a road in Hong Kong, China, on Tuesday, Dec. 7, 2021. 

Pedestrians cross a road in Hong Kong, China, on Tuesday, Dec. 7, 2021. 

Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

主要7カ国(G7)外相と欧州連合(EU)の外交安全保障上級代表は20日、香港の選挙制度で「民主的な要素が損なわれていることへの重大な懸念」を表明した。

  G7外相らは共同声明で、香港で今年導入された選挙制度の変更は「『一国二制度』の原則の下での香港の高度の自治を損なうものだった」と非難。中国に対して、「(香港に高度の自治を認めた)英中共同宣言やその他の法的義務を守り、香港基本法が定める通り香港の基本的な権利と自由を尊重する」よう求めた。

香港の議会選挙、投票率落ち込む-制度見直しで民主派排除

原題:

G7 Ministers Express ‘Grave Concern’ Over Hong Kong Elections(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE