コンテンツにスキップする

バイデン米政権、自動車排ガス規制を厳格化-温暖化対策を強化

Cars make their way along a highway in heavy smog south of downtown Salt Lake City in Utah, U.S., on Monday, Jan. 11, 2010. 

Cars make their way along a highway in heavy smog south of downtown Salt Lake City in Utah, U.S., on Monday, Jan. 11, 2010. 

Photographer: Groege Frey/BLOOMBERG NEWS

バイデン米政権は自動車の温暖化ガス排出規制を厳格化する。環境保護団体などから当初案は緩過ぎるとの批判を受けて、一段と高いハードルを設ける。

  自動車の排ガスに含まれる二酸化炭素量を制限する新たな基準に基づくと、米自動車は2026年モデルから燃費効率換算でガロン当たり約55マイル(リットル当たり約23キロメートル)となる。トランプ前政権によって弱められた現在の基準に比べ、自動車メーカーには二酸化炭素の22.6%追加削減が求められる。

原題:Biden Toughens His Own Auto Emissions Proposal Decried as Weak(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE