コンテンツにスキップする

中国の佳兆業、財務アドバイザー起用-オフショア債で支払い怠る

  • フーリハン・ローキー(中国)が財務アドバイザーに
  • 債務再編計画巡り保有者代表と協議-佳兆業の株式売買は20日再開

中国の不動産開発大手、佳兆業集団は複数のオフショア債で支払いを怠り、フーリハン・ローキー(中国)を財務アドバイザーに、シドリーオースティンを法務アドバイザーにそれぞれ起用した。

  佳兆業は証券取引所への20日の届け出で、財務アドバイザーが同社の流動性を評価し、実行可能なあらゆる解決策を探ると説明。債券保有者から支払いの加速に関する通知は受け取っていないと指摘し、包括的な債務再編計画を巡り保有者代表と協議を進めているとした。

  今月8日から停止されていた佳兆業の株式売買は20日に再開される。

原題:Kaisa Group Appoints Financial Adviser; Shares to Resume Trading(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE