コンテンツにスキップする

トルコ大統領が異例の措置、預金者に為替変動の損失補償-リラ急反発

更新日時
  • リラは一時11%安から12%高へと急変動、エルドアン氏発表後
  • リラの下げが銀行金利を上回る場合、政府が補償提供

トルコ政府が異例の措置で通貨リラの押し上げに動いた。為替変動からリラ建ての預金を保護する新たな政策を導入すると発表した。

  エルドアン大統領はアンカラで開いた閣議後に、ハードカレンシーに対するリラの下げが銀行の約束する金利を上回る場合、リラ建て預金者が被る損失を政府が補償すると表明した。

  20日の金融市場でリラの下げは一時11%を超え、1ドル=18リラの水準を割り込んだ。だが、エルドアン氏の発表後に切り返し、一時12%高の14.27リラ近辺まで急反発した。

  エルドアン氏は「これからは誰も、為替レートに対する懸念を理由に預金をトルコ・リラから外貨に切り替える必要はなくなる」と主張した。

関連記事
トルコ資産がトリプル安、リラ一時11%下落-大統領が利下げ継続姿勢
トルコの主要株価指数が一時7.1%安、サーキットブレーカー連発

 

原題:

Lira Slides After Erdogan Says Islam Demands Lower Rates (1)(抜粋)

Lira Rebounds From Record Low as Erdogan Reveals Latest Plans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE