コンテンツにスキップする

トラス英外相がEU離脱後の交渉担当に-フロスト氏の後任

欧州連合(EU)離脱後の交渉を担当するフロスト英内閣府担当相の辞任を受け、トラス外相が任務を引き継ぐと英首相府が18日発表した。市民の間で人気の高い保守党議員の1人であるトラス氏は、ジョンソン首相の求心力が低下する中、将来の首相を目指す政治家の1人としての立場を固めることになる。  

U.K. Cabinet Ministers Attend Weekly Meeting
トラス外相
 

  トラス氏はジョンソン政権内では、将来の首相候補と目されるもう1人の政治家、スナク財務相に次いで最も力のある人物であることはほぼ間違いない。

  フロスト氏の辞任から24時間足らずでジョンソン首相が閣内の実力者を後任に起用したことは、英国が1年前にEUと合意した貿易条件の作り直しを目指す中で、同ポストの重要性を示す動きだ。トラス氏は2016年の国民投票ではEU残留派だったが、その後態度を一転し、EU離脱を受け入れていた。

 

原題:

U.K.’s Top Diplomat, Liz Truss, Replaces Frost in Brexit Role(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE