コンテンツにスキップする

ステーブルコインのリスクへの対応には立法措置が必要-米財務次官

  • 議会から与えられる権限なしでは当局は十分に対応できず-リャン氏
  • 金融システムに対するステーブルコインの脅威、FSOCが言及

リャン米財務次官(国内金融担当)は17日、法定通貨などに連動させることで価値の安定化を図る暗号資産(仮想通貨)「ステーブルコイン」のリスクから投資家と金融システム全体を適切に守るには米議会の行動が必要だと述べた。

  リャン次官はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「議会が法を制定しない場合、規制当局が既存の権限を行使しようとすることになる」が、議会から与えられる権限なしで省庁ができることは限られると説明した。

  金融安定監視評議会 (FSOC)は17日公表の年次報告書で、米金融システムに対するステーブルコインの脅威に言及し、議会が立法措置に向けて行動しない場合は、規制当局が対応することになるとした。

  リャン次官は、当局が既存の権限に基づいて対応することは「良いプランBではない。プランBとは呼べない」と述べ、「ステーブルコインのプルーデンス政策上のリスクに対処するには議会の行動が必要だ」とした。

米金融規制当局、ステーブルコイン巡り議会に法整備訴え-報告書発表

原題:Treasury Says New Law Only Way to Fully Contain Stablecoin Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE