コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、ワクチン未接種の人に「厳しい警告」へ

  • 21日の演説でワクチン接種しないことに伴う危険性について強調へ
  • オミクロン株広がりつつある中で感染者が再び急増

バイデン米大統領は、新型コロナウイルスのワクチンを接種しないことに伴う危険性について21日の演説で警告する。米国ではオミクロン株が広がりつつあり、コロナ感染者が再び急増している。

  サキ大統領報道官は「感染件数の増加にわれわれは準備を整えている。大統領はこの課題にどのように対応するか詳細を示す」とツイート。演説では「ワクチン接種を受け、要件を満たす際にブースター接種も受けることで、コロナの重症化から自身を守ることができると米国民に再認識させる」と説明した。

  コロナ感染による入院者数や死者数が増加する中で、米国ではブロードウェー公演やフットボールの試合が中止を余儀なくされている。新たな出入国規制や屋内での集まりに対する制限措置が世界各地で検討されている。

  ホワイトハウス当局者によれば、バイデン大統領は、コロナ対応で支援が必要なコミュニティー向けの新たな措置を発表するとともに、ワクチン接種を受けないことを選択する人々にとって、この冬がどのようなものになるか厳しい警告を発する予定だという。

原題:Biden to Issue ‘Stark Warning’ on Vaccination Amid Covid Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE