コンテンツにスキップする

JPモルガン、行員に用心呼び掛け-年末の集い参加ならマスク着用を

  • 飲食中心のマスク着用難しいイベントは延期を強く勧める-社内文書
  • 誰がオフィスに来る必要があるかなどの検証を各チームに求めた

米銀最大手のJPモルガン・チェースは、行内チームが年末に向けて集いを開くのを禁止するまでには至らなかったが、そうした場に加わる場合は「用心し、十分な判断力を働かせる」よう行員に促した。また、年末年始の休暇後にオフィスに復帰する際は、新型コロナウイルスの検査を受けるようにも指示した。

  JPモルガンは行員向け文書で、「飲食が中心になるような、マスク着用が難しいイベントは延期を強く勧める。また、自行の主催ではない仕事関係のイベントや年末年始の集いへの参加を検討する際は慎重に判断すべきだ」としている。

  同行は今年に入り、従業員にオフィス復帰を促すのに他行よりも積極的だった。新型コロナ新規感染者が増える最近、ウォール街の金融機関の一部は年末まで在宅勤務するよう従業員に伝え始めているが、JPモルガンはオフィス閉鎖はせず、引き続き100%使える状態を維持している。ただ、個別チームに人員配置の調整余地は残した。

  JPモルガンは文書で、「米国内での最近のコロナ感染者増加を踏まえ、各チームは誰がオフィスに来る必要があるかや、業務上の優先事項、向こう数週間は誰をより定期的に在宅勤務に戻すべきかを検証する必要がある」とした。

原題:

JPMorgan Urges Teams to Exercise Caution, Mask Up If Gathering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE