コンテンツにスキップする

ロシア中銀、1ポイントの大幅利上げ-インフレ減速の兆し見られず

  • 利上げは7会合連続、1ポイント引き上げは今年2回目
  • 今後数回の会合のいずれかで追加利上げの可能性、中銀が示唆

ロシア中央銀行は17日、今年2回目となる1ポイント利上げを発表した。インフレ減速の兆しがほぼ見られない中で、引き締めを加速させた。

  利上げは7会合連続で、政策金利は8.5%となった。決定はブルームバーグの調査に答えたエコノミストの大半の予想に一致した。

  インフレ率は中銀が目標とする4%の2倍となっており、インフレ期待も12月に6年ぶり高水準の14.8%に達した。

  中銀は声明で、「状況が基本的予測に沿って展開する場合、今後数回の会合のいずれかでの追加利上げ見通しを排除しない」と説明した。

 

原題:Bank of Russia Delivers Latest Big Rate Hike With Inflation High、Bank of Russia: Rate Hike Possible at One of Next Meetings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE