コンテンツにスキップする

大阪・北区のビル火災で27人が心肺停止、放火の疑いも-報道

更新日時
Firefighters stand on a floor at a building where a fire broke out in Osaka, western Japan Friday, Dec. 17, 2021. Japan's NHK says a fire broke out in the building and dozens of people were feared dead. (Kyodo News via AP)
Firefighters stand on a floor at a building where a fire broke out in Osaka, western Japan Friday, Dec. 17, 2021. Japan's NHK says a fire broke out in the building and dozens of people were feared dead. (Kyodo News via AP) Photographer: 西沢幸恵/Kyodo News

17日午前、大阪・北区の繁華街のビルで起きた火災で、28人がけがをし、このうち27人が心肺停止となっているとNHKが消防の情報を基に報じた。捜査関係者によると、そのうち19人の死亡が確認されたという。搬送された病院では、これまでに3人は治療によって心肺が蘇生した。

  報道によると、17日午前10時20分ごろ、同区の曽根崎新地で「ビルの4階が燃えている」と複数人が消防に通報したという。およそ30分間の消火活動後に火はほぼ消し止められた。

  大阪府警察本部は、現場の状況などから放火の疑いがあるとみて捜査を開始した。火事があった現場では紙袋を持った60歳くらいの男性がいて、紙袋の中から流れ出た液体の付近から出火したという目撃情報があるという。

  NHKの報道によると、火災があったビルの4階には心療内科と精神科などの患者を診察するクリニックが入っているという。火事の現場は8階建てのビルの4階部分で、20平方メートルが焼けた。ブルームバーグは管轄消防署に電話取材を試みたが、直ちに回答は得られなかった。

(死亡人数などを更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE