コンテンツにスキップする

メリルリンチ、経営陣を刷新-ローレンツ氏とランバート氏が退任へ

  • リンゼー・ハンス氏とチャンドラー・ルート氏が部門幹部に
  • ウェルスアドバイザー需要増や銀行の富裕層向けサービス強化が背景

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)のウェルスマネジメント部門は、経営陣を刷新する。同部門に30年在籍するビル・ローレンツ氏とポール・ランバート氏は退任する。

  BofAのメリルリンチ・ウェルスマネジメント部門は、リンゼー・ハンス氏とチャンドラー・ルート氏を部門幹部に指名した。今回の人事はローレンツ、ランバート両氏が年末に退任した後に実施されると、メリルのアンディ・ジーク社長が明らかにした。

Lindsay Hans
リンゼー・ハンス氏
 

  メリルの経営陣刷新は、ウェルスアドバイザーの需要が高まり、各行が富裕層顧客にサービスを提供する事業を強化していることが背景にある。

Chandler Root
チャンドラー・ルート氏
 

原題:Merrill Revamps Leadership With Lorenz and Lambert Set to Retire

 

 

 

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE