コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のコヒシティ、IPOに向け金融機関と協力-関係者

  • 上場で50億-100億ドルの評価目指す-週内にもIPO登録案提出か
  • JPモルガン・チェースやモルガン・スタンレーと連携している

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが出資するデータ管理ソフトウエア企業の米コヒシティは来年の新規株式公開(IPO)に向け、JPモルガン・チェースモルガン・スタンレーと協力して取り組んでいる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。  

NCAA Risks Losing Grip on Sports as High Court Weighs Amateurism
コヒシティのモヒト・アロンCEO
Source: Hindustan Times/Getty Images

  コヒシティは上場で50億-100億ドル(約5700億-1兆1360億円)の評価を目指している。同関係者が非公開情報だとして匿名で話した。同社はまた、週内にもIPO登録案を米証券取引委員会(SEC)に提出する可能性があるという。

  時期を含めコヒシティの計画はまだ最終的なものではなく、変更の可能性もあると、関係者は語った。

  コヒシティの広報担当者はうわさや臆測にはコメントしないと述べた。JPモルガンとモルガン・スタンレーの担当者はコメントを控えた。

関連記事

ソフバンクG出資の米コヒシティ、37億ドルと評価-株式売却で

ソフトバンクと米コヒシティが日本で合弁、データ保存事業を展開 

 

原題:

SoftBank-Backed Cohesity Is Said to Work With Banks on IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE